赤ちゃんを守るための洗剤の選び方、洗濯の方法

やさしい洗剤

お肌の弱い赤ちゃんのためのお洗濯

赤ちゃんが生まれると、洗濯物の量は大量に増えるという声を耳にすることがあります。
赤ちゃんは、新陳代謝が活発でよく汗をかくため、または一日に何度も着替えをするため、洗濯をする機会が多くなるようです。
古くは、洗濯は粉せっけんで行われていたため、赤ちゃんの肌着やおむつにはとても適した洗濯方法であったと言えます。
粉せっけんはとても汚れ落ちがよく、なおかつふんわり仕上がると言われているため、柔軟剤が無い時代でも、天日に干すことでふんわり真っ白に仕上がっていたようです。
紙おむつがメインで使われる時代になり、洗剤も合成洗剤が主流になったため、育児の利便性は格段に上がり、洗濯機も全自動のが主流となった為、柔軟剤や漂白剤も同時に使用されるようになりました。

様々な洗剤があります

赤ちゃんの肌着や布おむつは、肌へのやさしさを考えて、大人のものとは異なる洗剤で洗っている家庭が多いようです。
赤ちゃんの肌は薄く、トラブルが起きやすいため、なるべく肌に優しい洗剤で洗うことで、それらを防ぐことができると考えられています。
赤ちゃんの肌着などを洗うための、専用の洗剤も多数販売されており、汚れ落ちが良く、刺激になりやすい香料や着色料などの添加物を配合しないタイプが人気となっているようです。
専用のものではなくても、昔ながらの石けんを赤ちゃんの洗濯物を洗うのに使用している人が増えているようです。
昔ながらの石けんは、汚れ落ちがよく、赤ちゃんのものをあらうのに適していると考えられ、そのメリットが再び見直されているようです。
エコロジーブームを受けて、環境を汚さない石けん成分の洗剤は、更に需要が高まると予想されます。