赤ちゃんを守るための洗剤の選び方、洗濯の方法

ピックアップ

  • やさしい洗剤

    赤ちゃんの使うものをお洗濯。そのとき、最も心がけるべきことは何かというと、そのための洗剤を選ぶこと。どのような洗剤が相応しいのでしょうか。そこに含まれる成分のことについて見てみましょう。

  • 肌を守る

    赤ちゃんはとても敏感で繊細です。洗濯などで利用する洗剤も種類によっては赤ちゃんの肌を痛めてしまうかもしれません。そうならないためにも専用の洗剤を使ってあげましょう。

赤ちゃんを守ろう

お水にもたくさんの種類があるんです。ウォーターサーバーも赤ちゃんに適したものとそうでないものもあるので参考にして下さい。

赤ちゃんの水は何を使っていますか。水道水を利用している人は注意が必要ですよ。できるだけ安全で美味しく飲める水を選びましょう。

繊細な肌

赤ちゃんを抱き上げるときも、遊んであげるときも、いつでもやさしさを忘れてはいけないのは、赤ちゃんというのが実に繊細に出来ているからです。
肌のことひとつ見ても、それはあきらかでしょう。それはまるでちょっとでも乱暴に引っ張ったら破れてしまう絹のよう。とってもデリケートに出来ているものなのです。

一説では、赤ちゃんの肌は大人の肌と比べると3分の1の厚さしかないそうです。あのこの世のものとも思えないくらいのやわらかさ、美しさの秘密はそこにあるのです。
図々しくて神経が図太く出来ている人のことを「面の皮が厚い」なんて言いますが、それと引き比べて考えてみても、肌が薄い赤ちゃんは、純真無垢の塊とも言うべき存在なのです。
というわけで、私たちは赤ちゃんをやさしく扱わなければならないのです。あらゆる乱暴なもの、粗野なもの、ゴツゴツしたもの、ビリビリするもの、有害なもの……そういったものから、守ってあげなければならないのです。

お洗濯で守る

赤ちゃんを守るためにすべきこと。その中でも、特にここでは「洗う」ということに注目してみましょう。汚れたものから、その汚れを落としてしまってキレイな状態に戻すこと。
赤ちゃんに関する「洗う」ということを行うとき、特別なことをすべきだということです。

赤ちゃんをお風呂に入れるときも充分に、あらゆることに気を配らなければいけませんが、ここで特に取り上げたいのはお洗濯。
赤ちゃんの繊細でデリケートな肌に触れるものを洗うとき、どうすべきかということなのです。お洗濯の方法、そこで使う洗剤の選び方……。さまざまな項目について、考えていきましょう。

最新記事

  • 繊細な肌

    人が生活していく上で毎日のようにたまってしまう洗濯物、そのため定期的に洗濯をしていかなければなりませんが、赤ちゃんのお肌はとっても繊細です。傷つけないためにも専用の商品を利用しましょう。

  • 商品選び

    赤ちゃんとの暮らしは毎日が驚きと発見の繰り返しです。洗濯ひとつとっても赤ちゃんのお肌を労ってあげられるかどうかが決まってきます。元気な子にすくすくと育っていく姿を想像しながら商品を選んでみると良いでしょう。